税理士の年収はいくら?平均年収を解説

税理士の平均年収について知るサイト

税理士の仕事内容と税理士になる方法について解説

税理士を目指す人や実務を磨きたい人は、まず初めに税理士事務所で働くと思います。「税理士補助」とも呼ばれているこの仕事は具体的に知られていないこともあり、さらには年収についても気になるところです。 そこで今回は、税理士補助の業務内容と働くメリットについてまとめました。

税理士事務所で働くことについて

「税金」は私たちの生活においてとても身近なものです。主に消費税や所得税、相続税などが挙げられると思いますが、日本には様々な税金があるため、一般人には難しい話です。そんな時には税理士に相談をするといいでしょう。
「税理士」とは税務の代理や納税書類の作成、そして税務の相談などの業務を行う人のことです。
特に知識に至っては覚える量も多いですし、税理士の試験で選択をしなかった科目の知識も必要です。例えば税金の種類をやその上で事業届出などの書類を作成の仕方がそうです。

そしてお客さんは税金や個人経営に関する相談だけでなく、ほとんどは個人事業を行っており、年に1回は確定申告をするために税務署に訪れています。さらにこの申告は原則として本人が申告するようになっていますが、実際の申告書は複雑なので難しいものです。そこで税理士がお客さんの代わりに申告書を作成して、税務署へ申告するのが一つの仕事として成り立っています。
つまり税理士になる為にはいろいろな知識を身につけた上で、お客様から相談を受けた際に専門用語を使わず簡潔に説明したり、申告書などを作成したりするのが税理士の仕事だと思って下さい。

ちなみに税理士として業務にあたる場合は、基本的には国税庁が実施する税理士の試験を合格するだけでなく、税理士事務所での勤務を2年以上経験した上で日本税理士会連合会の税理士名簿に登録しなければなりませんので、これも覚えておくといいでしょう。

フリーランス税理士の特徴

税理士事務所で実務を身につけたら、ほとんどの方は独立して開業すると思います。しかし仕事内容は事務所で勤務していたのとあまり変わらないようですが、実際のところはどうなのでしょう。 そこで今回はフリーランスになった税理士の特徴についてまとめてみました。

税理士の平均年収まとめ

税理士には色々な種類があったと思います。事務所に雇われている税理士補助から、独立開業している税理士などさまざまでした。しかし税理士というと一般的に高収入なイメージを持たれていますが、実際はどうなのでしょうか。 そこで今回は、税理士の平均年収についてまとめてみました。

TOPへ戻る