税理士の平均年収について知るサイト

>

税理士の仕事内容と税理士になる方法について解説

税理士補助の仕事内容について

税理士事務所には税理士だけでなく税理士補助という主に業務をサポートする人がいます。
もし事務所で働いていて税理士の資格を持っていない際は、「税務の代理」「税務書類作成の代理」「税務相談」といった税理士の独占業務は行うことができません。
ただし税務署に直接提出する以外の書類の作成やその確認、会計ソフトを使った資料作りなどはすべてを税理士が行うと手が回りませんので、税理士補助は独占業務以外の業務を任されます。また事務所の判断によっては、どこまでの仕事を任されるかは不明です。

ちなみに似た名称で「補助税理士」という税理士もいますが、あくまでも税理士資格を持っているかいないかの違いなので、間違えないようにしましょう。

事務所で働くメリット

税理士は試験合格後でも、実際の税理士として働く前に2年間の実務が必要です。そのため税理士補助である彼らは「税理士資格の取得を目指す修行の場」として税理士事務所で働いているのです。

そんな税理士補助として働くメリットは、税理士が行っている業務を間近で見ることができる点です。まだ税務書類を書くことができなくても、実際にどんな書類を作成しているのか、どんな書き方で書いているのかを確認することが可能です。たとえ参考書などで資格試験の勉強を行っているのと違い、実物を見ることでより分かりやすくなると思います。

いかがでしたでしょうか。もし税理士の資格取得を目指しているなら、一度税理士事務所で働いてみるのもいいかもしれません。


TOPへ戻る