税理士の平均年収について知るサイト

>

フリーランス税理士の特徴

フリーランス税理士の特徴

税理士資格の取得を目指す方のほとんどの方は「開業したい」とお考えなのではないでしょうか。
そんなフリーランス税理士のメリットとは、収入が事務所で働いていた時より上がることでしょう。そうなるためには本人のやる気次第なので、成功すれば勤務税理士より年収が大きく上回ることがあるのです。
また税理士の仕事を行いながら、書籍の出版したり、セミナーの開催をしたりと、別の仕事で収入を稼ぐことも可能です。
しかしデメリットとしては、すべての仕事が自己責任であること。たとえ素晴らしい実力を持っていても、お客さんが来てくれなければビジネスとしては成り立ちません。

そしてこれらのメリットとデメリットをよく理解した上で、開業することをおすすめします。

独立してフリーランスになるべき?

昔の税理士は高年収のイメージがありました。しかしデジタルやITの発達していくにつれて、現在の税理士は昔のように収入を得ることが厳しくなってきています。そこで独立や開業を行えば、収入を上げる可能性もでてきますが、開業だと倒産するリスクもあります。
もし自身で開業をするのであれば、フリーランスならではの働き方を考えてみましょう。また報酬単価も自分で設定できるので、実力に応じて上げるといいかもしれません。

そして健康である限り、税理士の仕事を続けられるのはフリーランスだけです。今後の税金のシステムは変わらないと言われていますが、もし税理士としてさらなる収入アップを目指すのであれば、独立を選ぶといいでしょう。


TOPへ戻る