税理士の平均年収について知るサイト

>

税理士の平均年収まとめ

税理士全体における平均年収

従来では800万円だった時代もありますが、現在の税理士の平均年収は「700万円程度」と言われています。やはり原因は近年増えつつある、税理士同士の競争が激しいことだと言われています。
そんな税理士は試験合格後は税理士事務所で働きますが、その時の年収は一般企業に勤めるサラリーマンとほぼ変わらず、年収300万円からのスタートが多めです。そのため一般企業に勤める人と比べると高収入です。

そして税理士になれば、福利厚生面のサポートを受けることができます。例えば「年金」や「生命保険」などがあり、今でも多くの税理士が利用しています。もし税理士資格を取得後に独立しても収入に上限はないため、将来は独立を目指す人も多いです。

努力次第では年収1000万円も…

まるで夢のような報酬ですがここまで稼ぐことは可能のようです。まずここまでの年収を稼ぐ方法は、大手の税理士事務所に勤めるか、独立して有名になることだと思います。
これから税理士になって多く稼ぎたい人は、まず大手税理士法人に入社しましょう。もちろん入社倍率は非常に高いので、入社後に自分の知識やスキルを磨きながら、年収1,000万円以上の税理士を目指すことができます。

そして独立で年収1,000万円以上を稼ぐ場合だと、まずは得意分野を築くことが必要となってきます。
もちろん開業したばかりの頃は収入が不安定になりやすいですが、多く稼ぐためには、開業後の売上シミュレーションや事業計画をしっかり立てておくことが大事です。


TOPへ戻る